MENU
あなたの愛車が驚きの価格で売れる詳しくはこちら

【カルメ焼き】どこに売ってる?値段や販売店など調査

カルメ焼き、あなたも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。美味しさと独特な食感が人気のこのお菓子、どこで手に入れることができるのでしょうか。

カルメ焼きはスーパーやコンビニ、ネット通販などで手軽に購入することができます。さらに、値段や販売店の情報も調査しましたので、気になる方はぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • カルメ焼きの価格
  • カルメ焼きどこに売ってる
目次

カルメ焼きとは?

カルメ焼きは、砂糖を主原料とした駄菓子の一種です。濃厚な甘さとサクッとした食感が特徴です。カルメ焼きの名前は、ポルトガル語で「甘いもの」を意味する「caramelo」という言葉に由来しています。

日本では、お祭りやイベントの屋台で販売されたりすることがあります。

カルメ焼きの値段

カルメ焼きの値段は、販売店や商品の内容によって異なります。いくつかの例を挙げます。

平均的な値段は250円~350円程度

大橋製菓のカルメ焼き

  • 1個入り: 172円
  • 3個入り: 486円
  • 6個入り(化粧箱入り): 1,200円

棒付カルメ焼き(100本入り): 参考売価 1,200円(税別)

Amazon.co.jpでのダルゴナカルメ焼き3種類各3個セット(全9個)1,680円(税込)

おかげ横丁オンラインショップのカルメ焼き3個 530円(税込)

これらの価格はあくまで参考であり、時期や販売店によって変動することがあります。まとめ買いをすることで安く購できる場合もあります。

売れている おすすめ商品

ネットや楽天で売れている、口コミや評判の良いおすすめの商品を紹介

created by Rinker
¥1,101 (2024/02/27 09:55:30時点 楽天市場調べ-詳細)

カルメ焼きの口コミ

販売しているカルメ焼きの種類

カルメ焼きは、祭や縁日の露店などで実演販売される駄菓子の一種です。

炭酸水素ナトリウムの熱分解実験としても知られています。カルメラとも呼ばれ、外側はカリカリの食感で中は柔らかく、二種類の食感を楽しむことができるお菓子です。

主な材料は中ざら糖と重曹で、カロリーは1個(10cm)で約155kcalです。

いくつかのカルメ焼きの種類と販売場所は以下の通りです

  • かるめ焼 1個入り×5個 大橋製菓 オオハシ1コ
  • 棒カルメ焼 平安製菓
  • カルメ (100個入り)韓国 ダルゴナ
  • カルメ焼き 20g 手作りカルメ焼き20g「コーヒー味」 3袋
  • 韓国 ダルゴナ カルメ焼き 韓国駄菓子 焼き芋味 各3個セット 食べ比べセット 全9個 3種類 コーヒー味 アソート 韓国土産

スーパーマーケットや駄菓子屋コーナーでもカルメ焼きが売られていることがあります。また、オンラインショップやAmazon.co.jpでも購入することができます。

カルメ焼きが売ってる場所や販売店について

カルメ焼きは、以下の場所や販売店で購入できます。

スーパーマーケット

ライフ、西友、成城石井、マルエツ、コープ、まいばすけっと、コストコなどで取り扱っています。 アンテナショップ・お土産屋

アンテナショップやお土産屋でもカルメ焼きが売られています。

空港・サービスエリア

空港やサービスエリアでもカルメ焼きが販売されています。

駄菓子屋

ヨークベニマルの駄菓子屋コーナーや、他の駄菓子屋でもカルメ焼きが売られています。

また、通販での購入も可能です。以下のオンラインショップでカルメ焼きが取り扱われています。

通販

おかげショップ、井之口商店:棒付カルメ焼き(100本入り)が販売されています。株式会社 大橋製菓など昔ながらのカルメ焼きや一口サイズのカルメ焼きが販売されています。

これらの店舗やオンラインショップで、カルメ焼きをお求めいただけます。ただし、取り扱いのない店舗もあるため、事前に確認してからお出かけください。

カルメ焼きの作り方について

カルメ焼きは、砂糖を主原料とした駄菓子です。直径10センチほどの円形で高さは4~5センチほどあります。

カルメ焼きの作り方は以下の通りです。

  • 材料:砂糖、水、重曹
  • 道具:フライパン、おたま、箸、泡立て砂糖と水をおたまに入れ、中火で加熱します。
  • 糖が溶けたら、弱火にして、泡立て器でかき混ぜながら加熱します。
  • 重曹を加え、さらにかき混ぜます。

カルメ焼き作りにはコツが必要で、重曹を加えるタイミングや冷やし方を間違えると、うまく固まらなかったり、ガラス状に固まったりしてしまいます。

カルメ焼きを作る際には、やけどに注意してください。お玉を直接ガスコンロで熱する、熱した砂糖を何度もかき混ぜるといった工程では、特に注意が必要です。お子さまが作る場合は、必ず大人が手伝ってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次