台風18号2015!! 最新の進路や米軍の予想はコチラ!

台風18号
台風情報
またまた台風が発生しました。台風18号も日本上陸の恐れがあるとして、進路状況などに注目が集まっています。

ここでは、台風18号2015の最新情報や米軍の進路予想をご紹介します。

スポンサーリンク

台風18号(2015)の進路について

台風18号
2015年に発生した台風18号は、ETAU(アータウ)という名称が付いており、9月7日の午前9時には硫黄島の南西約360kmに位置しています。毎時15kmの速さで北へ進んでおり、中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18m/sとなっています。

日本列島へは9月11日~12日にかけて接近する見込みです。秋雨前線の影響もあり、12日までは激しい雨の降る地域が多くなります。お出かけの際には、しっかりとした傘を持っていくと安心でしょう。

米軍の進路予想は?

台風18号の進路
上では、気象庁による進路予想をご紹介しましたが、米軍予報では「やや西寄りの進路になる」と予想されています。日本への接近も9月10日~11日にかけての予想となっていますので、10日あたりから警戒しておくといいでしょう。
台風18号
台風18号に関する情報を見ていると、「2015年は8月後半から曇りや雨ばっかり…」「残暑もなく急に秋っぽい天候になった」「今年は台風が日本を通過し過ぎ」という意見も見られます。

台風への準備をしておくとともに、台風18号の進路を小まめにチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク