【たけしの家庭の医学】 腸内フローラを増やす食品・食べ物とは?

腸内フローラ 健康情報
TV番組「たけしの家庭の医学」で特集された「腸内フローラ」。腸内フローラを整えることでさまざまな良い効果を得ることができます。

ここでは、腸内フローラを増やす食品や食べ物についてご紹介しています。


スポンサーリンク

たけしの家庭の医学で腸内フローラを紹介!

腸内フローラ 「たけしの家庭の医学」で特集された「腸内フローラ」とはいったい何なのでしょうか?

私たちの腸内には善玉菌や悪玉菌をはじめとするさまざまな菌が集まっています。これらの菌は複雑な微生物生態系を構築しており、この微生物群集を「腸内フローラ」といいます。

腸内フローラは善玉菌2:悪玉菌1:その他7がベストバランスですが、現代人の腸内は悪玉菌が多くなりがちです。悪玉菌が増えるとさまざまな病気の原因になってしまいます。

そこで、「健康に長生きするためには、腸内フローラが大切!!」ということにつながります。

腸内フローラの働きについて

腸内フローラ では、腸内フローラを整えることでどのような効果があるのでしょうか?

「たけしの家庭の医学」では、腸内の菌のバランス=腸内フローラを整えることにより、ガンや心臓疾患、2型糖尿病、うつ病などの病気を回避することができると紹介していました。
腸内フローラ また、感染症や肥満などを予防することもできます。さらに、腸内環境を整えることになりますので、便通の改善にもつながります。

腸内フローラを整えると便通の改善だけでなく、ガンや感染症の予防にもつながるなんて驚きですね!!

腸内フローラを増やす食品・食べ物は?

腸内フローラ 腸内フローラを整えるには善玉菌を増やしましょう!!善玉菌といえば、乳酸菌やビフィズス菌ですよね。乳酸菌を増やすにはヨーグルトやチーズ、味噌、漬物などがおすすめです。

また、ビフィズス菌を成長させるには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を1:3の割合でとるのがカギ!!水溶性食物繊維を多く含む食品は芋をはじめとする野菜や豆類、不溶性食物繊維も野菜や豆類に含まれています。

どの食材が水溶性か不溶性かはなかなかわかりませんので、野菜や豆類、海藻類を積極的に取り入れると良いと思います。

美容にも腸内フローラが効果的!

腸内フローラ 腸内フローラを整えると便通が改善されます。…ということは老廃物が排出されて、美容にも効果が期待できます。「いつまでも美しくいたい」という方や「健康で長生きしたい」という方は、ぜひ腸内フローラの改善に取り組んでみてくださいね!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク