レンコンパウダーの飲み方や使い方!! 摂取量の目安は?

レンコンパウダーのレシピ
健康食品
炎症により気道が狭くなってしまう病気【喘息】。喘息にはレンコンが効果的といわれていますが、レンコンそのものを摂取するのはなかなか難しいですよね。そこで、オススメなのが「レンコンパウダー」なんです!!

ここでは、レンコンパウダーの飲み方や使い方についてご紹介しています。

スポンサーリンク

レンコンパウダーが話題!!

レンコンパウダー
「レンコンパウダー」とは、その名の通りレンコンの粉末です。

オペラ歌手の中島啓江さんは長年、喘息に困っていたようです。しかし、レンコンパウダーの摂取により、5年ほどで喘息が解消していったのだとか!中島さんのこのエピソードから、レンコンパウダーが話題に!!

レンコンパウダーの飲み方や効果、摂取目安量については続きでご紹介します♪

レンコンパウダーの飲み方は?

レンコンパウダー
中島啓江さんは、レンコンパウダーをお湯に溶かして毎日飲んでいたそうです。レンコンパウダーは粘り気が強く ダマになりやすいので、少量の水で混ぜてからお湯を注ぐと良いそうですよ♪

レンコンパウダーを使った人の口コミを紹介すると、

「家族が酷い喘息持ちとアトピーなのですが、レンコンパウダー手作りしたことで、症状が随分改善されました。」

「朝から咳ゲホゲホの娘に、即席きな粉のどアメのおやつをいつもあげているのですが、それは、黒豆きな粉とかりん蜂蜜とレンコンパウダーを適当な割合で混ぜたものなのです。ドロドロなので、すくって食べているのですが、咳によく効きます。」

「レンコンパウダーとプレーンヨーグルトの組み合わせは、花粉症に効果的です。これを実践すると、例年よりも症状が軽くなりました。」

「レンコンもヨーグルトもアレルギーに効くっていうのは、本当みたいです!」

などなど、口コミを見ると、レンコンパウダーを使っている人は、アレルギーや咳、花粉症予防などに使っている人が多いです。

使い方や効果はコチラ!

レンコンの効果
レンコンパウダーはお湯に溶かして飲むだけでなく、ハンバーグのつなぎや汁物・煮込み料理のとろみつけにも使えます。そのほか、お好み焼きやパン、ホットケーキ・クッキーなどの生地に混ぜてもOK!!

レンコンパウダーを使ったレシピでおすすめなのは、変わり衣が簡単にできる、オリジナル天ぷら粉です。天ぷら粉と小麦粉 30g、レンコンパウダー 20g、塩少々を用意します。天ぷら粉は磯部にするため、青海苔小さじ1を加えます。ボウルに小麦粉とレンコンパウダー、塩を入れ、軽く混ぜて振るい合わせるだけです。それぞれを水50ccほどで溶いて使うと出来上がります。

レンコンには粘膜を保護してくれる働きのあるムチンや、抗アレルギー作用のあるポリフェノールが含まれているので、喘息や花粉症などの対策に効果があります。また食物繊維、カリウム、鉄分、ビタミンCも豊富♪

さらに注目なのが、レンコンのポリフェノールには脂肪肝を改善する効果があるのだとか!!咳や喘息にお悩みの方だけでなく、ダイエットしたい方にも注目されています。

摂取量の目安はどれくらい?

レンコンパウダー
喘息改善のためにレンコンを摂取する場合は、どれくらいの量が目安になるのでしょうか。

レンコンそのものであれば副作用の心配はほとんどないと思いますが、何でも適量が良いでしょう。レンコンを1cmくらいに切った量(20~30g)が1日の摂取量の目安と考えてください。

レンコンは咳に良いと昔からいわれていますが、喘息や花粉症などのアレルギーにも効果的なんて驚きですね!!ただし、すぐに効果がでるものではありませんので、気長に続けることが大切だと思います。

生のレンコンを調理するにはちょっと手間がかかりますが、レンコンパウダーであれば手軽に続けられるのではないでしょうか。喘息やアレルギーにお悩みの方は、ぜひ【レンコンパウダー】をお試しくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク