耳づまりの治し方や原因は? ※ためしてガッテン

耳づまり
ためしてガッテン情報
「耳がふさがった感じがする」、「耳に水が入った感じ」など、とっても不快な耳づまり。時々起こったり、しばらく続いたり…耳づまりはどうして起こるのでしょうか?

ここでは、NHKためしてガッテンでも紹介された耳づまりの原因や治し方についてご紹介しています。

スポンサーリンク

耳づまりの原因について

耳づまり
耳づまりが起こる原因として、【滲出性中耳炎】や【突発性難聴】【耳管狭窄症】【メニエール病】などが挙げられます。

しかし、浸出液が溜まっていたり、耳管が詰まっているわけでもないのに耳づまりが起こる場合は、神経細胞を含めた細胞1つ1つが緊張状態にあると考えられます。そのため組織の伝達がスムーズにいかなくなり、耳がつまった感じが起こると思われます。

耳づまりの治し方は?

耳づまり
【滲出性中耳炎】や【耳管狭窄症】など、耳づまりの原因がハッキリしている場合は、まずそちらを治療しましょう。緊張やストレスが原因の場合はこれを取り除くことが大切です。

耳づまりは「肉体的な疲労の蓄積」や「睡眠不足」、「妊娠などのホルモンの急激な変化」「精神的な不安やイライラ」でも起こります。

耳づまりがなかなか改善されないことにイライラすることもあるでしょう。しかし、イライラや不安が緊張になって耳づまりの改善を妨げてしまうこともあります。焦らずに、耳づまりが治ると信じて待ってみましょう。

ためしてガッテンでも紹介♪

耳づまり
以前、NHKためしてガッテンでも耳づまり特集が放送されました。そこでは「謎の耳づまり病」として、『耳管開放症』が紹介されていました。

耳管開放症はその名の通り、耳管が開きっぱなしになってしまう病気で、体重減少やホルモンバランス、脱水症状、血行不良などが原因で起こります。耳管開放症の場合は、鼻すすりは厳禁!!巨大な耳垢ができてしまい、聴力を完全に失ってしまう場合もあるんです!

・耳がつまった感じがする
・頭を下げた姿勢にすると、耳がつまった感じがなくなる

この2つが当てはまる場合は、耳管開放症の可能性があります。

耳管開放症の症状の解消・改善には、水分補給や血行改善、リラックスが効果的!!病院では生理食塩水などを使った対症療法が行われています。

今回は耳づまりについてお話ししました。耳づまりにお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク