【服部天神宮】豊中えびすの時間や駐車場情報はここ

豊中えびす えべっさん情報
毎年、35万人もの人出でとても賑わう「豊中えびす祭」は、大宰府に向かっていた菅原道真の脚気を天神宮に祈願し治したことから足の神様で有名な服部天神宮で行われています。

えびす祭の三日間は午後14時から各界著名人が福餅を授与しています。こちらもかなりの人気があるようですよ!

今回は、服部天神宮の豊中えびす2017の参拝時間や混雑情報、駐車場などをご紹介します♪


スポンサーリンク


服部天神宮の豊中えびす祭の日程は?

服部天神宮の豊中えびす祭 【宵えびす】
2017年1月9日(月)

【本えびす】
2017年1月10日(火)

【残りえびす】
2017年1月11日(水)

※えびす祭期間中の三日間は14時より各界著名人が福餅を授与されます。宝塚ジェンヌも福娘としていらっしゃいます。服部天神から宝恵籠に乗り、服部天神宮まで行き境内にて福餅を無料で授与してくれるので必見です!

福笹、お守り、福娘などの縁起物情報はココ

福笹の飾り方 豊中えびす祭の福娘も、たくさんの娘さんの中から選ばれた笑顔の可愛らしい方々が福娘として、福笹、熊手、俵や箕、サラエと縁起物のたくさんついた吉兆を授けてくれます。高いものでは10万円するのもあってその豪華さにびっくりさせられます。

またこちらの服部天神宮の境内で福飾りなどを買うと一億円の金運券がもらえます。その飾り方は頭よりも高いところで南または東に向けて逆さに貼って、金運がやってきますようにと祈願します。

出店、屋台の営業時間は何時から?

出店の営業時間 服部天神宮の豊中えびすでは、昔ながらの射的や輪投げなどもあり、大人も子供も大好きな屋台がたくさん出ています。雑誌でとりあげられる東京コロッケも豊中えびす祭では人気の屋台のひとつです。営業時間はえびす祭期間中、だいたい10時頃からは開いているようです。

服部天神宮へのアクセスや駐車場について



【服部天神宮】
大阪府豊中市服部元町1-2-17

⇒電車でのアクセス
阪急電車『服部天神駅』降りてすぐ

⇒バスでのアクセス
阪急バス『服部バス停』降りてすぐ前

⇒車でのアクセス
国道176号線から服部本町交差点近くです。

駐車場は境内に無料でありますが、豊中えびす祭期間中は交通規制が行われます。駐車場は使用できませんので、車でお越しの際は近くの有料駐車場へお停めください。

豊中えびす祭と呼ばれるようになって、14年目になりました。今年もたくさんの人でにぎわうこと必至です。足の神様ということで多くのスポーツ選手もお参りにくる服部天神宮の豊中えびすで今年はえびすさんをお参りしませんか♪

スポンサーリンク