今宮戎神社の十日戎!熊手の値段や飾り方はこちら

今宮戎神社 えべっさん えべっさん情報
大阪・今宮戎神社の十日戎は、ナンパ橋で有名な大阪道頓堀と通天閣のある新世界近くにある神社で、これまたいかにも商売の町大阪らしいえびす祭りです♪「商売繁盛笹もってこーい!」の声も一段と大きい気がします。

今回は、今宮戎神社の十日戎2017の参拝時間や混雑情報、駐車場などをご紹介していきますね♪


スポンサーリンク


今宮戎神社の十日戎の日程は?

今宮戎神社の十日戎 【宵戎】
2017年1月9日(月)
◎午前7時より宵宮祭、午後12時半から献鯛行列が神社に到着し奉納されます

【本戎】
2017年1月10日(火)
◎午前7時より鯛の朝市、午前8時から例祭、午前9時40分~午後15時より宝恵駕行列が芸妓さんを乗せて行きます。

【残り戎】
2017年1月11日(水)
◎後宴祭

熊手・福笹の値段や飾り方はこちら

熊手の飾り方 福笹は1月9日の午前0時から1月12日の午前0時まで終夜授与しています。午前9時から午後9時までは福娘さんから授与してもらえるそうですよ♪

また福笹は無料でいただけますが、熊手は出店で売っています。大きさと飾りにより値段は変わってきますが、1,000円からウン十万円までと幅があります。

福笹や熊手の飾り方ですが、高いところや神棚、玄関なら入口、室内なら北以外の方向に飾り、一年間見守ってもらいましょう♪

今宮戎神社の福娘は前年の9月に募集され、11月に決定します。その倍率なんと60倍以上!選抜された福娘さんから福笹に縁起物をたくさんつけてもらい今年も福を呼び込みましょうね♪

出店、屋台の営業時間や混雑情報

今宮戎神社の混雑 えべっさんといえば出店屋台も注目されますが、今宮戎神社の場合、今宮戎駅からなんば駅まで続く出店にきっと驚きます。その数「500軒はあるのでは!?」といわれています。

屋台も大阪ならでは食道楽!えびす祭りの期間中、朝早くから深夜遅くまでやっています。ただし、残り戎の日は夜の21時頃にはポツポツと閉店していくようですよ。

この三日間の混雑は必至です。例年、早朝は人出も少ないようなので混雑を避けたい方は早朝にいかれてみてはどうでしょう。

アクセスや駐車場、交通規制について



【今宮戎神社】
大阪府大阪市浪速区恵美須西1丁目6番10号

⇒電車でのアクセス
●地下鉄御堂筋線『大国町駅』3番出口から徒歩5分

●地下鉄堺筋『恵美須町駅』5番出口から徒歩5分

●南海高野線『今宮戎駅』降りたらすぐ

●阪堺線『恵美須町駅』から徒歩5分

●JR『新今宮駅』から徒歩10分(または南海高野線に乗り換え『今宮戎駅』下車すぐ)

⇒車でのアクセス
神社にも駐車場はありません。周辺道路も交通規制が行われますので、「どうしても車で・・」という方はなんば方面で有料駐車場に停められて屋台を見ながら徒歩でいくほうがよいです。

なんばCITYから今宮戎神社まで続く屋台、出店の数は圧巻です。さすがは食道楽の町大阪!といった感じですね。今年はなんばCITYから屋台を楽しみながら今宮戎神社まで歩いてお参り行くのはどうでしょう♪お腹も満足、福を呼んで満足の年を迎えませんか♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク