しょうがで夏冷えを解消するやり方は?※NHKためしてガッテン

乾燥しょうが ためしてガッテン
クーラーなどが原因で夏でも冷え性のように、身体が冷えてしまうことがあります。そんな夏冷えを解消するときは【しょうが】がオススメ!

ここでは、NHKためしてガッテンでも紹介されたしょうがで夏冷えを解消するやり方をご紹介します!


スポンサーリンク

しょうがで夏冷えを解消するやり方は?

夏冷えを解消するためのしょうがの使い方は、カラカラに乾燥させることです。
乾燥しょうが 乾燥しょうがには、生のしょうがと同じく【ジンゲロール】という手先と足先を温めてくれる辛味成分と、乾燥させることでジンゲロールの成分が変化してできる【ショウガオール】が含まれます。

この【ショウガオール】には、胃腸の壁を刺激して体の深部から温める効果がありますので、夏冷え解消に効果的です。

乾燥しょうがの作り方は?

乾燥しょうが 生しょうがの場合、手先と足先を温めてくれるジンゲロールだけですので使い方に気をつける必要があります。しょうがをカラカラに乾燥させるための方法は、2つあります。どちらの方法でも「しょうがを皮ごと1mmから2mm程度にスライスしたもの」を使います。

1つ目は、室内放置で1週間ほど経過させて作る方法です。2つ目は、ベランダなどで天日干しで1日干すことで作れます。天日干し用のネットは、ホームセンターなどで売っています。

乾燥しょうがの飲み方について

乾燥しょうが 乾燥しょうがの飲み方は、乾燥したしょうがをスープにしたり紅茶に使うのがおすすめです。乾燥させることで、しょうがの味が凝縮されて旨みを感じやすくなるからです。

スープに入れる場合は、スープを作る時にスライスした乾燥しょうがを加えるだけです。紅茶での飲み方は、紅茶の茶葉一杯にスライスした乾燥しょうがを加えて砂糖やはちみつを入れて、お湯を注ぐだけでできます。

乾燥しょうがは作り置きもできるので、夏冷えを解消するために取り入れてみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク