ユニクロの脇汗パッドの効果や評判は?ベルメゾンとどっちがおすすめ?

夏のファッション
ユニクロ情報
ユニクロの脇汗パッド汗取りキャミソールとベルメゾンの背中二重汗取りキャミソール、大汗さんとの比較は効果や評判の口コミで話題になるほど注目されています。さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

ユニクロの脇汗パッドについて

ベルメゾン 下着
ユニクロのエアリズムはその薄さが特徴で、汗パッドもとても薄く、伸縮性もよく吸汗力も高いのが特徴です。屋内で仕事をしていて冷房が効いているという環境の方には透けても脇パッドが目立たちませんので、ユニクロのほうがおしゃれしやすくなります。ユニクロのエアリズムは脇パッドが固定せず、薄すぎるというデメリットはありますが、着ていないと汗をかいたときに汗ジミが大量に残りますので吸収性が劣っているわけではありません。

ベルメゾンの脇パッドの特長は?

ユニクロの脇汗パッド
脇の部分にパッドがついているだけのシンプルな構造で、しっかり汗を吸収してもらいたいという汗かきさんにはベルメゾンのほうがおすすめです。ひんやりとしたテクスチャで着用しているととても涼しいのですが、実際に汗をかいたときに吸収してくれる力が不足しているという点では屋外で仕事をする人には機能性の面でベルメゾンのほうがいいでしょう。

ベルメゾンの大汗さんも毎年定番で脇パッドが手のひらサイズの頼もしいアイテムです。シミもしっかりカバーしてくれて外に滲みませんし、脇にぴったりくっつくので汗をしっかりと吸収してくれます。専用のストラップがパットを持ち上げて固定してくれるので脇全体もカバーしてくれて汗が流れ出ることがありません

肌になめらかなテクスチャで着丈も長く、しゃがんだり背伸びしたりしても肌が露出する心配もありません。汗がシャツにつくとシミになるだけでなく、悪臭の原因にもなりますので、下着でしっかりカバーしておきたいという点ではベルメゾンのほうがおすすめです。機能性を重視してしまうあまり、おしゃれさにマイナス要素が高いのはベルメゾンともいえます。

あくまでも脇パッドの機能性の比較になりますが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク