ハンドフルートのやり方、吹き方♪ 高音を出すコツは?

ハンドフルート 生活情報
素手で音を奏でるハンドフルートは、手の組み方が最大のコツにもなっていきます。

ここでは、ハンドフルートのやり方・吹き方や高音を出すコツをご紹介します♪


スポンサーリンク

ハンドフルートのやり方、吹き方は?

ハンドフルートのやり方・吹き方は、個人個人でやりやすい方法が異なる場合もありますが、一般的には空気を漏れにくくするやり方を行えばよいので、いろいろなタイプを試してみて結果を出すことが重要です。

⇒ハンドフルート奏者が教える やり方・吹き方【動画】


また先ほど述べた空気の通り道をふさぐためにも、手首を閉じて手の内部に適度な空洞を作ることが大切なのです。それと同時に息の通るコースを開けて、吹いたときに音が鳴るような状態を目指すことで、自分だけの吹き方などさまざまな音色を出すことが可能になるのです。

ハンドフルートは手の微妙な感覚で音の良し悪しが決まるため、そういった内容をイメージして吹くことが大事です。

ハンドフルートで高音を出すコツは?

次に実際の吹き方のコツを確認していくことにします。一般的な理論としては、【空洞を広くすると低音】を奏でて、【狭くすれば高音になる】というものでありますが、その感覚は最終的には自分自身で覚えることになります。

密着している手のやり方に関しては、プロ並みの腕を持つ人も最近は増えてきたため、まずはそういった方法を確認していくことが大事なのです。出してみたい音程を頭の中でしっかりイメージすることで、特に難しいとされる高音を思い通りに表現することも可能です。

積極的に練習すれば時間がかかったとしても、何らかの形にしていくことは見込めます。吹き方のコツやそれに伴うやり方を見聞きすれば、必ず出来るような方向を導き出すことにもつながりますので、諦めずにトライしてみてくださいね!

ハンドフルートの演奏はコチラ!





スポンサーリンク

スポンサーリンク