岩盤浴の効果とは? 癌の予防にもなるってホント!?

岩盤浴の効果
健康情報
岩盤浴の効果は体を定期的に温めるということにあります。癌になる体の状況は免疫力が低下していて体温が低いというのも原因にあります。

スポンサーリンク

岩盤浴で癌を予防できる?

癌の予防法
岩盤浴は免疫力をアップさせることで癌予防にもつながります。定期的に体を温めることで、癌細胞をやっつけることができます。実際に癌にかかった方の温熱療法として岩盤浴が取り入れられています。

体を43度以上に加温することでがん細胞が死滅します。どんな細胞でも42度では生存、43度以上になると死滅しますが、正常細胞の場合、加温すると血管が拡張して血流が増加しこもらないのでそれほど温度は高くなりません。癌細胞の血管はどんどん癌細胞が分裂するのに対して栄養をあが得る必要があるため、血管を作りつづけますが弱くて未熟な血管なので加温すると細胞の熱が逃げださずに43度になり死滅するのです。

また、マイルド加温療法は、ヒートショックプロテインという新タンパク質の効果で傷ついたタンパク質が補修されて体が若返るということが医学的にも証明されている方法です。岩盤浴は今まで癌にかかったことが無い方でも、癌予防のために効果が期待できそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク