二日酔いの頭痛の治し方は?ツボで治す時、どこを押す?

二日酔いの頭痛 健康情報
つい飲みすぎてしまって頭痛が起こっているというときには、たくさんの水分を摂取することが大切です。肝臓に負担をかけるので頭痛がひどくても薬を飲むのはあまりお勧めできません。可能であればシジミの味噌汁を飲んだり、食事を摂取することもおすすめです。

てっとり早くその場で二日酔いの頭痛を治すときにどこでも気軽にできるのはツボ押しということになります。


スポンサーリンク


二日酔いの頭痛に効くツボは?

風池の場所 二日酔いの頭痛に効くツボは、百会(ひゃくえ)と風池(ふうち)があります。百会は、頭のてっぺんの少しくぼんでいる中心の部分です。頭がガンガン痛い場合には、この百会を親指の腹でゆっくり揉むように押すというのを2~3分続けると効果的です。もうひとつの風池は、後頭部の生え際で耳の後ろの骨が隆起している左右にある部分です。指の腹で強めに押しても大丈夫なのでコリコリと削ぐようなイメージで押します。

頭部のツボなら、自宅でも会社でも気軽に押せるので、気軽に実践しましょう。二日酔いをしているということは、肝臓で処理しきれないほどのお酒を飲んだということになります。もちろん、体の為にもこれからはお酒は飲みすぎないように適量をたしなむことがオススメです。

⇒ 二日酔い解消に効くマッサージ方法【動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク