【増上寺】 桜2017のライトアップの時間は?夜がオススメ!

増上寺の桜
桜2017情報
東京で桜の名所として知られているのが、増上寺です。場所は、港区芝公園の東京タワーの近くで、都営地下鉄三田線の芝公園から徒歩3分のところにあります。春は、満開のソメイヨシノを楽しむことができます。入り口となる三解脱門をくぐった先に広がる光景の美しさは、観光客にも有名です。

しだれ桜の背景には、本堂の大殿があり、東京タワーも見えます。敷地内には、ソメイヨシノやしだれ桜が400本以上植えられています。

スポンサーリンク

桜の花見イベントやライトアップ

⇒ 増上寺の桜【動画】

桜2017の花見イベントには、たくさんの花見客が訪れます。増上寺では、釈迦の誕生を祝う潅仏会が花まつりとして開催されます。潅仏会は、4月8日に行われ、釈迦に甘茶をかけて誕生日を祝います。甘茶の無料接待があるため、とても人気があります。
ライトアップの時間
潅仏会の時期は、増上寺で桜を楽しむ絶好のチャンスとなっています。花見の時期は、夜のライトアップもあります。ライトアップの時間は、日没から午後の9時頃までとなっています。

毎年、桜を見るために全国から多くの人が訪れるため、かなり混雑します。なるべく混雑しない時間帯を選んで行った方が、桜をゆっくりと見ることができます。

増上寺について

増上寺 東京タワー
増上寺は、浄土宗の七大本山のひとつで、明徳四年に開かれています。増上寺は、徳川家の菩提寺としても、よく知られている寺です。慶長三年に、現在の芝の地に移転し、江戸幕府が成立した後は、徳川家康から手厚い保護を受けます。その後、日本有数の寺へと発展し、激動の時代を生き抜き現代に至っています。

お守り(勝運)の値段や販売時間はこちら

お守りの値段
増上寺の勝運のお守りは、勝負事のご利益があることはもちろん、ジャニーズのKAT-TUNファンのかたにも人気があるようです!グループ名の「カトゥーン」が『かつ・うん(勝つ・運)』に聞こえるからとのこと!黒本尊のお守りの値段は500円とお手頃価格なのも嬉しいですね♪

勝運のお守りは本殿を正面に見まして右側の安国殿で販売されています。お守りが購入できる時間は、9:00から17:00の本殿が開いている時間になります。遠方の方には、送料はかかりますが郵送で送ってもらえるそうです。直接、増上寺に連絡をしましょう。

増上寺のアクセスや駐車場について

<住所>
東京都港区芝公園4-7-35

<アクセス>
電車⇒
◆JR線または東京モノレール 浜松町駅より徒歩10分

◆都営地下鉄
三田線 御成門駅より徒歩3分、芝公園より徒歩3分
浅草線または大江戸線 大門駅より徒歩5分
浅草線 大門駅より徒歩5分
大江戸線 赤羽橋駅より徒歩7分

◆東京メトロ日比谷線 神谷町駅より徒歩10分

車⇒
◆東京駅丸の内側より約15分
◆東京シティエアターミナル(箱崎)より首都高速芝公園ランプ経由15分
◆羽田空港より首都高速芝公園ランプ経由20分

<駐車場>
10台

スポンサーリンク

スポンサーリンク