【ドケルバン病】の治療法は? スマホの使い過ぎが原因?

ドケルバン病の治療法 病気情報
ドケルバン病とは、狭窄性腱鞘炎とも呼ばれ、腱の病気であり腱鞘炎の一種です。これは誰にでも突然起こる可能性があります。


スポンサーリンク

「ドケルバン病」とは?

ドケルバン病 ドケルバン病は、スマホやパソコンなどを頻繁に使う人は要注意で、そういった人によく起こりやすい病気です。名前から恐ろしい感じがしますが、誰にでも起こりうるありふれた病気のようです。

最初は違和感を覚えるだけだったのが、それを放置していると突然ズキッとした鋭い激痛が起こるのです。

ドケルバン病の原因や症状は?

ドケルバン病 原因 ドケルバン病の症状は、手首の親指の側に痛みが出るのが特徴です。

アスリートなどを始めとした、指をよく使用する人や、パソコンのキーボードやスマホなどで、親指を頻繁に使うような行為が、この病気を発症する主な原因ということです。特にスマホでメールをしたり指を酷使するゲームなどは特によくある原因です。時間を忘れてやってしまうようなアプリをやっている人は要注意と言えます。指も休むことなく動いているパターンが多いはずです。

ドケルバン病の治療法について

ドケルバン病 治療 ドケルバン病の治療法は、鎮痛のために注射をすることから始まります。この注射の痛みは結構強いようです。この注射で改善しない時は、【手術による治療法】という流れになります。経過観察中などはサポーターなどで固定するという方法もあるようです。

もうひとつの治療法としては、【安静にしている】ということです。あくまで鎮痛剤を打った後の自己回復に任せるというような手でしょう。

ドケルバン病の治療後や予防法は?

ドケルバン病 予防法 ドケルバン病の治療後は出来るだけスマホなどといった原因に繋がる行為を以前より控えることが重要でしょう。しかし、キーボード作業は仕事でやっている人も少なくないはずです。

掛かったことのない人は、せめて出来るだけ指に負担を掛けないよう予防に努めるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク