ラズベリーケトンの効果や副作用について

ラズベリーケトンの効果
スーパーフード情報
ラズベリーケトンはラズベリーが持っている芳香成分の一種で、唐辛子へ含まれるカプサイシンと呼ばれる成分に働きが似ているため、ダイエットの効果を期待できる食品といわれています。

スポンサーリンク

ラズベリーケトンの効果は?

ラズベリー サプリメント
海外を中心にサプリメントなどの健康食品として流通しているこれらは、医薬品のような即効性や効果の保証は原則としてありませんが、身体への刺激が比較的少なく安全性も高いことから副作用を気にせずダイエットに役立てられる点が特徴とされます。

まず、ラズベリーケトンは消化酵素の一つであるリパーゼと脂肪を体内で結びつけ、脂肪が分解する働きを助けるのに有効となっており、単純比較では唐辛子に含まれるカプサイシンの三倍ほどの分解効果を見込めます。唐辛子やこしょうなど香辛料にも同じ働きは備わっていますが、刺激物でもある理由から大量に摂取するのは困難であり、ラズベリーケトンのサプリメントを選択する方が現実的といえます。

注意や副作用について

ラズベリーケトンの副作用
注意点として摂取時の副作用はほとんどないものの、消化酵素そのものへ働きかける都合上により、体質や食材との組み合わせ次第では胃腸への負担が増してしまい、一時的に体調が悪くなる可能性を考慮しておく必要があります。また、健康食品の一種なので効果を実感できるかは個人差が大きく、体質に合わないと感じた場合は摂取を控えた方が安心です。

サプリメント以外の摂取方法としてはジュースや紅茶・ジャムなど、通常の食材と組み合わせる形でラズベリーを取り入れる方法が有効となります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク