舌の裏の口内炎が治らないのはなぜ? 原因や対処法は?

舌の口内炎 病気情報
口の病気の中でも、比較的なりやすいのが「口内炎」です。口内炎ができると、食欲がなくなったり 会話もする気になれませんよね。ここでは、舌の裏の口内炎について原因や対処法をご紹介します。


スポンサーリンク

舌の裏の口内炎が治らないのはなぜ?

口内炎が治らない 舌の裏に口内炎が出来てしまった場合、他の場所に出来る口内炎に比べて、痛みを感じやすいという特徴があります。食べ物を食べる時や会話をする時など、舌を動かさなければならない為、痛くて苦しいという状況に陥りやすいです。

口内炎ができる原因は?

口内炎 原因 口内炎ができてしまう原因は様々です。

口の中の細菌が通常時より多く繁殖してしまい、その細菌が粘膜や皮膚に侵入して炎症を起こし、口内炎の原因となることが多いのです。また、睡眠不足やストレス、ビタミン不足なども口内炎の原因となります。様々な原因が関係しているため、なかなか治りにくいのです。

口内炎の対処法はこれ!

口内炎の対処法 口内炎の対処法としては、まず、痛みを緩和することが大切です。

塗り薬や患部を保護するパッチ、スプレータイプの薬などがあります。また、殺菌作用のある医薬品の【うがい薬やマウスウォッシュを使う】などの対処法もあります。【身体のケア】を行うことも対処法の1つと言えます。

口内炎はビタミンが不足していることでも起こりやすいです。ビタミンB2やビタミンCの不足が考えられます。本来ならば、食事からビタミンを摂った方が良いのですが、痛みを取ったり、治す為にもサプリメントを利用して、【ビタミンを補ってあげる】と良いでしょう。
口内炎を治す 睡眠不足やストレスなどで、身体の抵抗力が下がっている時には、しっかりと睡眠を取り、体力の回復をすることが重要です。リラックスできる時間を確保し、体調を整えてあげましょう。

2週間以上経っても口内炎が治らない場合は、医師の診察を受けてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク