【風邪】発熱や寒気がするときはお風呂に入らない方が良い?

風邪 風呂 病気情報
「風邪で発熱や寒気がする…でも体や頭皮がムズムズしたり、ニオイなども気になるからお風呂に入りたい…」なんて経験はありませんか?でも「風邪の時はお風呂に入らない方がいい」なんて言われることもあるので、どうしようか迷ってしまうという方もいらっしゃると思います。ここでは、発熱や寒気がする時のお風呂についてお話ししていきますね。


スポンサーリンク

風邪で発熱や寒気がする時の治し方は?

風邪の治し方 風邪で発熱や寒気がする時ってありますよね。そんな時は、やっぱり早めに休むのが一番です。体を冷やさないようにすることや栄養のあるものを食べるというのも大切ですね。

また、お風呂に入ることで体が温まって代謝が良くなるという効果が期待できますよ。「え!?風邪の時にお風呂ってダメなんじゃないの?」と驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。風邪の時のお風呂については続きでお話ししていきますね。

風邪の時、お風呂に入らない方が良いの?

お風呂に入らない 「風邪の時、お風呂に入らない方が良い」と言われたことがある方は多いと思います。これは昔の日本の住宅に内湯があることが少なく、銭湯などで温まっても湯冷めしやすかったことが関係しています。また、日本人は熱めのお風呂が好きですが、風邪の時に熱いお湯に入ると体力を消耗してしまうことも「風邪の時のお風呂はNG」と言われていた理由の1つです。

しかし、現在の日本の住宅には内湯があり、湯冷めしないように暖房で温度調節ができるので、風邪の時のお風呂はダメという訳ではありません。ただし、高熱の時や下痢・嘔吐がある時の入浴はやめておいてくださいね。

洗髪方法や気を付けることはコレ!

髪を洗う 風邪の時にお風呂に入っても問題ないように髪の毛を洗うのもOKですが、手早く済ませるようにしましょう。また、ドライヤーでしっかり髪を乾かしてくださいね。お風呂は40℃くらいのぬるめのお湯で短い時間の入浴にしましょう。入浴後に湯冷めしないようにお部屋を暖めておき、お風呂から出たらしっかりと体を拭いてすぐに布団に入るようにしてください。水分補給も忘れないでくださいね。

風邪をひいていても、高熱・下痢・嘔吐がなければお風呂や洗髪は問題ないとされています。ご自身の体調をよく考えて、お風呂に入るかどうかを決めてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク