碁石茶の効果・効能、副作用は? コレステロールが簡単に下がる!!

碁石茶 健康情報
お茶には様々な種類があり、そのほとんどは椿科の常緑樹である茶葉から作られます。
一般的に知られているものとしては、加熱をし発酵しないように作られる【緑茶】、完全に発酵を行って作られる【紅茶】、そして、その中間となる【ウーロン茶】があります。

お茶には、他に後発酵茶という種類があり、良く知られているものとしてはプーアル茶がありますが、日本においてはその種類に碁石茶があり、注目を集めています。

さっそく、碁石茶の効果・効能、副作用について見ていきましょう!


スポンサーリンク


碁石茶の効果・効能は?

碁石茶 碁石茶が注目をされるのには理由があり、日本唯一の完全発酵茶であるとともに、そこには乳酸菌の存在が確認をされているからです。碁石茶は乳酸菌発酵により作られているために、ヨーグルトのように乳酸菌を摂取することができます。

それは植物乳酸菌としては強い乳酸菌となっており、体の中に取り込んだとしてもその効能は失われないという特徴を持っています。そのために碁石茶は免疫力を高める効果があるといわれており、他にも、様々な効果や効能が期待されています。

碁石茶に含まれる乳酸菌には、効能として高い整腸作用があり、特別な製法によって作られることによって、お茶の渋みに耐えることができる乳酸菌のみが増えるともいわれています。碁石茶で作られた乳酸菌は腸内細菌のバランスを整えることにも効果があり、免疫力の向上他に、代謝促進や美肌効果、そして、老化防止やコレステロールの低下、動脈硬化の予防にも役立ちます。

碁石茶の副作用について

碁石茶 碁石茶には副作用がないといわれていますが、お茶などにおいては飲み過ぎが胃腸などへの副作用がある場合もあります。碁石茶は乳酸菌が主体となっており、副作用としてお腹が緩むなどの症状が出る場合があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク