弓弦羽神社(ゆづるは神社)初詣2019の参拝時間!混雑やアクセスは?

弓弦羽神社初詣2019
フィギュアスケートの羽生結弦選手の活躍によって、一気に知名度が上がった弓弦羽神社(ゆづるは神社)は、兵庫県神戸市にあります。

弓弦羽神社のご利益は安産祈願、厄除開運、戦勝祈願、交通安全、恋愛成就、家内安全などで、地元の人のみならず 羽生結弦選手のファンの人も初詣に訪れているそうです。

ここでは、弓弦羽神社の初詣2019についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

弓弦羽神社の初詣2019について

弓弦羽神社の初詣弓弦羽神社はほんの数年前までは参拝客の数は大変少なく、初詣といってもお世辞にも賑やかとはいえない神社でした。ところが今では多くの参拝客が訪れる人気神社となりました。

その理由というのは、フィギュアスケートで大人気の羽生結弦選手の存在があります。

この弓弦羽神社には羽生選手の「弦」と「羽」の2文字が入っているということで、多くのファンが羽生選手の活躍を祈って参拝に訪れるようになりました。また、羽生選手ご本人も参拝に訪れ、絵馬も奉納されたのだそうです。

八咫烏

この弓弦羽神社は八咫烏(やたがらす)をシンボルにしているのですが、八咫烏はあの日本サッカー協会のシンボルマークとしてお馴染みですよね。境内に八咫烏がいないか散策してみては?

弓弦羽神社は大きな神社ではないので、ゆっくり参拝しても10分ほどで終わる小さな神社です。ですが、新春行事が行われるそうなので参加してみるのもおすすめですよ。

・元旦:0時~
新年特別昇殿参拝(1人1,000円。先着50名)
灘の旨酒呑み比べ(無料)
・2日:正午~3時
新春茶席(お茶とお菓子で500円)

神社の周辺には美術館や料理旅館があるので、落ち着いた時間を過ごすことができます。

スポンサーリンク

御朱印や御朱印帳について

弓弦羽神社では今人気の御朱印をもらうことが出来ます。御朱印には弓弦羽神社のシンボルでもある八咫烏もしっかりと入っています。

もともとは小さい神社で参拝者も少なかったこともあり、オリジナルの御朱印帳というのはなかったのですが、近年の羽生選手の活躍と人気に伴って参拝客が増えたこともあって御朱印帳がいよいよ頒布されることになりました。

その御朱印帳は青地に金の糸を使って、八咫烏の刺繍がされています。なんとも美しい御朱印帳で、つい見とれてしまうほどです。

弓弦羽神社の混雑情報は?

弓弦羽神社 混雑羽生結弦選手も参拝に訪れたことがあるという弓弦羽神社ですが、神社はそんなに大きくなく「所要時間は10分以内」とのこと。

羽生結弦選手のファンの方や 近くにある美術館に来られた人たちが ついでに参拝に来られることもあるそうですが、「混雑している!」と感じるほどではないようです。「地元の方らしき人が多い」という口コミもあります。

弓弦羽神社のアクセス情報はココ

年々参拝者が増えている弓弦羽神社ですが、初詣ともなると多くの人が訪れることが容易に予想されます。駐車場についてですが、本来は参拝客用に用意されている駐車場が三が日は利用出来ないようになります。

臨時駐車場もありませんし、もちろん路上駐車も出来ません。しかも周辺にはコインパーキングもほぼないようなので、車での参拝は厳しいかと思われます。

最寄り駅の阪急「御影駅」周辺も地図を見る限りでは駐車場がなさそうです。

【車の場合】
●国道2号線 東灘警察を北へ 山手幹線北側
【電車の場合】
●阪急御影駅から南東へ徒歩5分
●JR住吉駅から北西へ徒歩10分
●阪神御影駅 北 徒歩15分

初詣でなくても【弓弦羽神社】には一度行ってみたいものですね♪

→ 弓弦羽神社(ゆづるは神社)公式サイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク