【橿原神宮】初詣2019の屋台や参拝時間、期間中の混雑や駐車場情報!

橿原神宮 初詣

初詣2019
橿原という土地は日本書紀にて「日本のはじまりの地」と記されている場所で、奈良県橿原市にある【橿原神宮】はそれにふさわしく神々しい雰囲気が漂っています。神武天皇が祀られており、伊勢神宮の次に大きい神社として有名です。

1月1日になると同時に 初太鼓で新年の幕開けを飾る橿原神宮。国家安泰・開運招福・健康延寿などのご利益があり、毎年、奈良の県内外から多くの参詣者が訪れます。

ここでは、橿原神宮の初詣2019の混雑や駐車場、屋台情報についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

橿原神宮の初詣について

初詣 参拝時間

橿原神社は広大な敷地のため、混雑がする初詣時でも比較的ゆったり参拝できる神社かと思われます。とはいえ三が日はとにかく人!人!人!でごった返しています。だいだい110万人の人が参拝するとのこと。

特に混雑する時間帯は大晦日から元旦にかけてということなので、年越しを迎えようと思っている人は早めに到着されることをおすすめします。

橿原神社のみどころは、三が日期間中にさまざまな祈祷や奉納が行われるというところ。例えば元日の6時からは皇室の繁栄や五穀豊穣、国民の加護、心願成就の祈祷が行われています。他にも開運招福新春初祈祷(特別神楽奉納)や元始祭など、普段はなかなか見ることの出来ない厳かな行事が見られるのはこの時期だけです。

橿原神宮の参拝時間は、12月31日18:30~1月1日20時まで、1月2日・3日は6:30~20時までとなっています。

屋台出店情報や屋台の時間帯について

屋台は橿原神宮前駅中央出口から本殿まで続き、いろんな種類の屋台が並びます。

そんな橿原神社の有名屋台が中腹あたりにある「たこ焼き屋さん」。毎年長蛇の列が出来るたこ焼き屋さんで、参拝する方はみんなびっくりするんだとか。時間に余裕があるなら、一度どんなものが味わってみたいですね♪

◎営業時間◎
「1日~3日 参拝時間に準ずる」ということです。はっきり決まってはいないようです。あまりに早いとやっている店が少ないかもしれません。4日目以降になると徐々に屋台の数は減っていきます。

大晦日から元旦の朝にかけて参拝の混雑ピークは迎えますが、屋台は元旦の朝から昼頃かと思われます。

スポンサーリンク

橿原神宮の混雑情報はどう?

全国から参詣者が訪れる橿原神宮は、三が日の1月1日~1月3日まで「終日混雑」するようです。出店屋台もあるので 腹ごしらえはできますが、参拝までに時間がかかるので 寒さ対策をしていきましょう。

駐車場の台数や料金は?

橿原神宮 駐車場

2018年度の交通規制情報はまだ発表されていませんが、例年通り交通規制がかかると思われます。混雑状況などから公共交通機関の利用をおすすめしますが、どうしても車で行くという場合はこちらを参考にしてみてください。

★おすすめ駐車場★
<橿原神宮臨時駐車場>
橿原神宮にはいくつか駐車場があり、臨時駐車場を含めると1,700台収容することが可能です。多くの車が収容できるので比較的スムーズに駐車することが可能かと思われます。ただし、駐車場までの道が大変混雑します。車で参拝する方は渋滞を覚悟しておいた方がいいですね。

【値段】普通車:500円
加持祈祷者の場合は無料になります。

三が日はどうしても混雑&渋滞しますが、4日の午前中であれば比較的駐車しやすくなります。ただし午後からはまた混雑が予想されます。

周辺道路は渋滞で通常なら10分もかからないような距離でも40~50分は見ておいたほうがよさそうです。くれぐれも事故にはお気をつけください。

2019年の初詣は奈良県の【橿原神宮】へ行かれてみてはいかがですか?

→ 橿原神宮の公式サイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク