【鶴岡八幡宮】初詣2018!屋台や参拝時間は?混雑期間や駐車場情報はココ

鶴岡八幡宮初詣2018
鶴岡八幡宮は、神奈川県にある神社で、全国でもトップ5に入る人気の初詣スポットになります。「厄払いに行った」という人も多いくらい、厄除けのご利益が有名です。鶴岡八幡宮は鎌倉という場所柄も人気のようで、初詣デートとしても人気なんだとか。

そんな鶴岡八幡宮の初詣は毎年250万人もの人が訪れることもあり、すごい混雑です。特に大晦日から元旦にかけてのカウントダウン時には入場制限もかかり、明け方まで入れないこともあります。

昼間でも三が日は2~3時間は入るまで待つ必要があるそうなので、防寒対策を怠らないようにしたいですね。ここでは、鶴岡八幡宮の初詣2018情報をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

鶴岡八幡宮の初詣2018について

鶴岡八幡宮の初詣国の重要文化財でもある鶴岡八幡宮は鎌倉を代表するスポットで、とくに厄除けなどのご利益があります。参拝時間は、大晦日から4日の21時までです。その期間は終日入れるので、いつでも参拝が可能です。それ以降は6時から21時までとなっています。

鶴岡八幡宮の見所は初詣ならではの行事が見られるという点です。1月1日は歳旦祭が朝5時から始まります。その7時からは八乙女の舞が奉仕されます。他にも御判行事や手斧始式、除魔神事などの行事が毎日行われています

初詣の際にぜひ試して欲しいのが「鳩みくじ」。おみくじの中に可愛い鳩のお守りが入っていてとっても人気なんですよ。他にも鶴岡八幡宮ならではのおみくじがたくさんあります。縁結びのおみくじは女性に大人気なんだとか。

初詣の混雑はいつまで?

初詣 混雑例年の人出は250万人です。入場規制が行われるので、入場すれば、そこまで混雑することはありません。ただ、入場するまでは待たなければなりません。

大晦日の夜から3時までの間に参拝するなら数時間待ちは必至です。早朝からは少し流れが早くなるので、待ち時間も少なくなります。元旦に行くのは無理かもと思われる方は、3日の夕方に行くと、待ち時間も少なくて済みそうです。とりあえず、この待ち時間をどう過ごすかがポイントになります。

神社側は、正面参道に250インチの大型映像装置を設けて、四季の風景や、祭事・行事の情報を放映し、少しでも待ち時間の間を有意義に過ごせるように配慮しているようです。

スポンサーリンク

初詣の出店・屋台の営業時間は?

屋台の営業時間

鶴岡八幡宮の屋台はどこもすごい行列ですが、やっぱり初詣に屋台はつきものですよね♪人気の屋台はぜひ押さえておきたいところ。定番の焼きそばやたこ焼きの他に人気なのが「うずらの卵入りたこ焼き」と「いちご飴」だそうです。

うずらの卵が入ったたこ焼きって珍しいですよね。まろやかな口当たりがとっても美味しいとのこと。

そしていちご飴は今流行のインスタ映え間違いなしの可愛い飴です。フォトジェニックな見た目に女性人気ナンバー1!他にぶどう飴もあるんだそうですよ。

◎営業時間◎
参拝時間に準ずる

時間が決まっているわけではありませんが、三が日は朝から営業しているようです。ただし4日目以降となると一気にその数は減ってしまいます。屋台も一緒に楽しみたい人は三が日に参拝する方が色々と楽しめると思いますよ。

鶴岡八幡宮の交通規制や駐車場情報

鶴岡八幡宮への交通アクセスは、

⇒電車の場合
「JR鎌倉駅」東口から徒歩10分
「江ノ電鎌倉駅」から徒歩10分
⇒車の場合
「横浜横須賀道路・朝比奈I.C.」から5km

鶴岡八幡宮は大々的な交通規制がかかるので、市内の中心部はほぼ使用出来ません。車を使用する場合は近隣の駅などに駐車をしてから電車で参拝に向かうことをおすすめします。

交通規制が解除になると一気に車が通りますので2~3時間の渋滞も発生します。これらのことを考慮して、車+電車という方法が一番いいかもしれません。

鶴岡八幡宮がある鎌倉まで電車で7分かかりますが、車で行く際の渋滞や駐車場難民のことを考えれば、だんぜんこちらをおすすめします。

★おすすめの駐車場★

<大船駅 タイムズ大船第7>
料金:8時~24時 15分100円(最大料金:1,500円)
住所:神奈川県鎌倉市大船2-15

駐車場は40台で、1時間600円です。ですが、初詣期間中は交通規制もあり、駐車場も停めることができません。なので、出来る限り電車で行かれることをおすすめします。

5日以降であれば、駐車場が利用できるようになります。ぜひ行ってみてくださいね♪

→ 鶴岡八幡宮の公式サイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク