【伏見稲荷大社】初詣2018!! 屋台や参拝時間、期間中の混雑や駐車場情報は?

伏見稲荷大社初詣2018情報
京都にある伏見稲荷大社は全国に3万社ほどある稲荷神社の総本山になります。全国の初詣ランキングでも1、2位を争うほどの人気で、近畿では初詣参拝客数堂々1位にもなっている有名スポットです。

伏見稲荷大社といえばあの千本鳥居が有名ですね。初めて見る人は本当に言葉を失うほど圧巻の光景です。境内にある鳥居の数は10,000本以上もあるんだそうですよ。朱色の千本鳥居をくぐると魔よけにもなるということなので、初詣に来た際にはぜひくぐってみましょう。インスタ映えも間違いなし!

ここでは、人気の初詣スポット・伏見稲荷大社の初詣2018の屋台や参拝時間、駐車場情報をお届けします。

スポンサーリンク

伏見稲荷大社の参拝時間は何時まで?

参拝できる時間帯

伏見稲荷大社は「おいなりさま」の愛称で親しまれている稲荷神社の総本山です。五穀豊穣や商売繁盛、家内安全などにご利益があります。

伏見稲荷大社では、いつでも参拝できるようになっています。お守りや絵馬を販売しているところは通常7~18時までですが、お正月の三が日は終日開放しているそうですよ♪時間を気にせず行けるのは助かりますね♪

屋台の出店や営業時間について

おみくじの屋台

伏見稲荷大社では表参道沿いと境内にたくさんの出店が出ます。ここだけでしか食べられない変わった出店もあるようなので、ぜひ堪能してみては?!

たとえば「うずら・すずめ焼き」。じつはうずら焼きとすずめ焼きは伏見稲荷大社の名物なんですよ。ちょっと見た目はグロテスクですが興味がある方はお試しを!他にもいなり寿司やたい焼きパフェ、ベーコンエッグたい焼きなるものまであります。

また、屋台の定番ベビーカステラですが、屋台数が大変多くどこで買おうか迷ってしまいます。そんな人には「前田」さんか、「三宝屋」さんがおすすめです!

◎営業時間◎
・12月31日23時ごろ~1月1日24時ごろまで
一部の屋台については24時を過ぎても営業していますよ。

・1月2日以降 10時ごろ開店 22~23時ごろに閉店
伏見稲荷大社は2月2日まで営業している屋台がほとんどなので、混雑を避けたい人は1月10日以降がおすすめです。十分に楽しめますよ。

伏見稲荷大社周辺には三が日でも空いている和スイーツのお店もありますよ。

スポンサーリンク

初詣の期間中の混雑情報はコチラ

伏見稲荷大社の初詣

「伏見稲荷大社へ初詣に行きたいけれど、混雑が気になる…」という方も多いと思います。伏見稲荷大社のお正月三が日の参拝者数は約270万人にも上るそうですから、三が日は 混雑は避けられないと考えた方が良いでしょう。

その中でも特に大晦日の夜から元旦にかけての深夜の時間帯が混雑します。1月3日の夕方以降は混雑が比較的落ち着いてくるそうですから、混雑が苦手な方はぜひ参考にしてくださいね!

伏見稲荷大社の駐車場情報はココ

伏見稲荷大社の駐車場伏見稲荷大社へ車で初詣に行こうと考えている方もいらっしゃると思います。

通常であれば、伏見稲荷大社には170台分の無料駐車場があるのですが、お正月期間は交通規制が行われ、1月1日~5日は使用不可になるとのことです。公共交通機関をご利用ください。

周辺にコインパーキングなどもありますが、特別料金でびっくりするくらいの駐車料が取られます…。どうしても車で参拝される場合はJR沿線の駐車場や、1~2駅離れた場所に停めてから電車で参拝することをおすすめします。

伏見稲荷大社では初詣時に臨時の駐車場を用意してくれています。どちらの臨時駐車場も徒歩で15~20分ほどかかりますし、満車の可能性が非常に高いことはご了承ください。

<伏見稲荷大社:第3駐車場>
伏見稲荷大社まで徒歩20分。混雑時は入庫時間が14時までとなりますのでご注意ください。

営業時間:9時~17時
住所:京都府京都市伏見区深草向川原町20-31
お問い合わせ先:075-641-0182(伏見稲荷大社社務所)

第1駐車場までは無料の送迎バスがあります。

<伏見稲荷大社:第4駐車場>
伏見稲荷大社まで徒歩15分。こちらも混雑時は入庫時間が14時までとなります。

営業時間:9時~17時
住所:京都府京都市伏見区深草向川原町21-25
お問い合わせ先:075-641-0182(伏見稲荷大社社務所)

伏見稲荷大社への初詣をお考えの方はぜひ参考にしてくださいね♪

→ 伏見稲荷大社の公式サイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク