【太宰府天満宮】初詣2019の屋台や参拝時間!混雑や駐車場情報

太宰府天満宮 参拝

初詣2019
2019年の初詣は学業の神様として有名な「太宰府天満宮」に行こうと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

太宰府天満宮の初詣は毎年200万人以上もの人が訪れる人気の初詣スポットになります。三が日の間は24時間開門しているので、いつでも参拝することが出来ますよ。

最も多く人が集まるのは大晦日の夜~元旦にかけてで、多くの方がこちらでカウントダウンを楽しんでいるようです。中には大晦日の夕方から過ごしている人もいるようですよ。

ここでは、大宰府天満宮の初詣2019の混雑情報や出店の営業時間をご紹介していきますね!!

スポンサーリンク

太宰府天満宮の初詣情報は?

太宰府天満宮 学問

太宰府天満宮は菅原道真公を祀る神社です。菅原道真公が学問に秀でていたことから学問の神様として有名な太宰府天満宮は年間約700万人もの参拝者が訪れており、正月三が日だけでも約200万人の人々が訪れる人気の初詣スポットとなっています。

太宰府天満宮のお正月の参拝時間は12月31日は6時30分に開門し、正月三が日は24時間開門しているとのことですよ♪

太宰府天満宮の混雑情報について

太宰府天満宮は正月三が日だけでも約200万人もの人々が訪れるとあって、混雑は避けられないでしょう。

年明けから1月1日の午前3時ごろまでと、三が日の10時~15時は特に混み合うことが予想されています。これら以外の時間帯にお出かけされるのがオススメです。なお、早朝に参拝される場合は防寒対策をしっかり行ってくださいね!

周辺道路も臨時の交通規制が行われたりと混雑するため、公共交通機関の利用がオススメです♪

出店の営業時間は何時まで?

太宰府天満宮 梅が枝餅

太宰府天満宮の屋台は、三が日の昼間に西鉄「太宰府駅」から太宰府天満宮まで参道や沿道にずら~~っと並びます。ものすごい数の屋台なのでお子様連れでも十分楽しめますよ。

昼間に行くと名物である「梅が枝餅」や、わりばしに巻いたお好み焼きのような「はし巻き」などが楽しめるそうですよ♪出店もたくさん並びますので屋台グルメもぜひ楽しんでくださいね。

他にも射的や輪投げ、スマートボールといった昔ながらのゲームの屋台もあって1日楽しむことが出来ますよ。4日以降はだんだんと屋台の数は少なくなっていきますが、7日目ごろまではまだまだ楽しめるそうです。

◎営業時間◎
大晦日~三が日 24時間栄養
4日以降 参拝客の出入りに応じて営業また閉店になります。

天満宮までに民芸品店などもあったりするので、そちらにも足を運ばれるとより楽しいですよ。

スポンサーリンク

周辺のおすすめ駐車場情報

大宰府天満宮は駅から屋台が並んでいるので電車で行かれることをおすすめしますが、車で行っても駐車場が近くにあるため便利ですよ。

とはいえ初詣期間はものすごい人が訪れるので車がなかなか通れなかったりなどで渋滞が発生します。ある程度、候補の駐車場を見つけておくといいでしょう。

<太宰府駐車センター>
太宰府天満宮の駐車場です。800台以上が収容出来る大型駐車場です。

【料金】
大型 2,000円
マイクロ 1,300円
普通車 500円
バイク 250円
時間による割り増しは無し。

【利用時間】
大晦日~三が日は24時間営業
通常は8時~17時まで

<太宰府パーキングコイン駐車場>
大宰府天満宮まで徒歩8分になります。少し歩きますが、十分近い距離ですよね。60台ほど収容することが出来ます。

【料金】
入庫後1時間 400円
以降30分100円

【利用時間】
大晦日~三が日は24時間営業
通常は8時~17時30分

<奥苑駐車場>
大宰府駅まで徒歩4分です。駅から天満宮まではすぐですよ。収容数は150台とこちらも大型駐車場になります。

【料金】
500円

【利用時間】
9時~17時

どの駐車場も三が日は大変混み合い、満車になる可能性もあります。朝早くに参拝すれば比較的停めやすいと思いますよ。

今回は【太宰府天満宮】の初詣2018情報をお届けしました。「2018年は太宰府天満宮へ初詣に行こう」と考えている方のお役に立てば嬉しいです。

→ 太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)の公式サイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク