【熱田神宮】初詣2017の駐車場や混雑状況、営業時間はココ

熱田神宮 初詣2017
2016年もあと残りわずか。クリスマスが終わるとお正月ですが、お正月といえば初詣ですよね。ここでは、熱田神宮の初詣2017の駐車場や混雑状況などをお届けしていきます。


スポンサーリンク


熱田神宮の初詣情報はココ

熱田神宮 初詣 熱田神宮は愛知県名古屋市にあり、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀っていることで有名です。平成25年には創祀1900年を迎えた熱田神宮では毎年230万人もの人出を誇り、初詣の場所としても人気です。

続きでは熱田神宮の駐車場情報や混雑状況、参拝時間や営業時間についてご紹介します!!

熱田神宮の駐車場について

熱田神宮の駐車場 通常、熱田神宮では東門・西門・南門にそれぞれ駐車場があり、合計約400台の駐車が可能となっています。しかし、熱田神宮周辺では毎年大晦日から1月5日まで交通規制がされており、この期間は熱田神宮の駐車場の利用ができません。周辺にはコインパーキングもありますが、電車やバスを利用されるのがオススメです。

熱田神宮の混雑状況は?

初詣の混雑状況 熱田神宮での初詣は多くの人々で賑わいます。除夜の鐘以後の2~3時間と、午前10時頃~午後3時頃までの間は特に混雑するようです。混雑しているのは苦手という方は、これらの時間帯を避けてお出かけされると、比較的混雑が少ないと思われます。

参拝時間、営業時間は何時まで?

参拝できる時間 熱田神宮への参拝は24時間可能です。お守りなどの販売は毎日午前7時頃より日没頃まで授与所で行っているとのことですよ♪熱田神宮への初詣2017情報、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク