えごま油の効能や使い方とは? 認知症にも効果的!

えごま油 健康情報
認知症の特集番組で必ずといってもいいほど名前があがる【えごま油】!! その効果から、テレビで紹介された翌日には「スーパーからエゴマ油が消えた!」なんて話題になったほどです。

ここでは、認知症予防に効果的な【えごま油】の効能や使い方についてご紹介します。


スポンサーリンク

えごま油の効能・効果とは?

えごま油 えごま油にはαリノレン酸という成分が入っていて、この成分が油に含まれている体を酸化させる成分を中和することで、認知症を防いだり、動脈硬化などを予防することができるとされています。

主な効能としては「記憶学習能力の向上」があり、それは認知症に関係しているEPAやDHAなどの成分と同等のものなので、αリノレン酸を摂取することで脳の老化を抑えることができます。

また中性脂肪を低下させるという効能もあるので、ダイエットなどの食事制限をしている期間に使用すると体に脂肪が付きにくくなります。

えごま油の使い方は?

えごま油 えごま油の使い方としては、通常の炒めものなどの他にも揚げ物やドレッシングなどがあります。認知症の予防のための使い方としては、不飽和脂肪酸を含んでいる魚を漬け込んで作るマリネなどが良いとされています。

えごま油の効能として特に有名なものは認知症予防ですが、これと関連して記憶学習能力の向上も見込めるので、受験生の食事の時にもピッタリ!中華風の炒めものなどにも使用することができるので、年齢や好みによって様々な使い方があります。

えごま油の販売店舗は?

えごま油 えごま油はサプリメントとしても販売されていて、ドラッグストアなどでも手に入れることができますが。ですが、食料品売場なら 普通の油と一緒に並べられているので、比較的見つけやすい健康食品です。

また植物性のマーガリンやショートニングなどを頻繁に食べている家庭では、それらの使用を少なくしてえごま油にすることで、αリノレン酸を含んでいるえごま油の効能を実感することができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク