【NHKためしてガッテン】下痢はパンが原因!? その理由や対策はコチラ

下痢 ためしてガッテン
2015年11月18日放送のNHKためしてガッテンは【下痢】についての紹介でした。 下痢に悩んでいて、「なにかのウイルスが原因か…?」とお思いのアナタ!! もしかしたらアナタの下痢はパンが原因かも知れません!!

ここでは、NHKためしてガッテンで紹介された下痢の原因や解決法をみて参りましょう。


スポンサーリンク

下痢の原因はパン!?

下痢 「下痢の原因がパンってどういうこと?」「パンを食べたら下痢になりやすいの?」と疑問に思う方も多いのでは?

下痢は、大腸から水分が多量に分泌されることで起こります。NHKためしてガッテンによると、大腸に水分を分泌させてしまう原因の1つに『糖』があるそうです。糖の中でも、乳糖を含む食品や果糖、お菓子、小麦などのフルクタンの仲間は小腸で分解&吸収がされにくく、そのまま大腸にまで到着してしまうのです。これらの糖が大腸まで届くことで、大腸が混乱状態になってしまい、「早く排出しないと!!」ということで下痢の症状を引き起こすようです。

そのため、「小麦から作っているパンも下痢の原因になり得る!」と言われているようですね。

腸を刺激しにくい食べ方はコレ

下痢 「腸を刺激しにくい食べ方」といっても、やはりバランスよく食べることが大事です。『忙しいから、ご飯をまとめて食べる』『自分の好きなものしか食べない』などに気を付けることで、下痢のリスクを減少させることが出来るそうです。

また、白米や大豆を加工した食品は下痢を引き起こしにくいので、食事に取り入れてみるのもオススメです♪

下痢の対策法とは?

下痢 下痢には、朝ご飯の時間帯を変えたり量を少なめにすることが効果的です。下痢止めなどの薬が効かないようですので、生活習慣や食事などで対策をしていくしかなさそうですね…。

お腹を下しやすい方や パンをよく食べるという方は、ぜひ参考にしてください♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク