【酢玉ねぎ】 作り方や効能・効果は? ※はなまるマーケット

酢玉ねぎ
健康情報
酢玉ねぎは、玉ねぎを酢に漬けるだけでできる、作り方も素材もシンプルな食べ物ですが、驚くほどの効果・効能があります。ここでは、酢玉ねぎの作り方や効能・効果をご紹介します!

スポンサーリンク

酢玉ねぎの効能・効果について

酢玉ねぎ
元々健康効果が高い玉ねぎと酢を組み合わせることで、さらにパワフルな効果・効能が期待できるというわけです。

玉ねぎに含まれる【硫化アリル】は、血管内で血液が凝固するのを防ぎ、血液をサラサラにする作用や血圧を下げる作用、コレステロールの増加を防ぐ作用があります。また、ビタミンB1の吸収を助け、肥満を防ぎ疲労回復にも効果的です。

また、血管をしなやかに維持して、血圧を下げる【ケルセチン】も含まれています。

酢には、血栓の予防と血圧低下の効果があるので、酢玉ねぎは、高血圧、糖尿病、ダイエットなどに効果・効能がある健康食といえます。

酢玉ねぎの作り方は?

酢玉ねぎ
女優のとよた真帆さんが、はなまるマーケットで紹介していた作り方は、次のとおりです。

【酢玉ねぎの材料】
材料は、玉ねぎ3個、塩小さじ2杯、リンゴ酢500CC、はちみつ大さじ3杯です。

【酢玉ねぎの作り方】
作り方は、まず玉ねぎを半分に切ったら、5ミリ幅にスライスして水にさらします。

次に、玉ねぎを水からあげ、水気をきって塩もみします。

熱湯消毒した広口の瓶に、お酢とはちみつを入れ、玉ねぎがヒタヒタになるように漬けます。冷蔵庫で3日ほど漬けたら完成です。

使い方や保存期間は?

酢玉ねぎ
酢玉ねぎの使い方としては、チャーハンや冷やし中華に乗せたり、サラダに混ぜるなど和洋中さまざまな料理に使えます。

冷蔵庫で1週間から10日間は保存できるので、毎日適量を食べることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク